読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ながら「ふむふむ」

行ってふむふむ。聞いてふむふむ。なワールドを探っちゃう。相棒はNikonD5500。

まだまだイケる!

どうも。DONKIHOTEです。

f:id:DONKIHOTE:20160221150340j:image
 
群馬のどこかから、自由気ままに、のんびりとやっております。
メインはイベントなどお出かけ紹介記事を書いています。
ブログは2月から始めたばかりです。
 
えー…わたしは自分を出すのがものすごく苦手なタイプでして。
 
FBも仕事で仕方なく使っていましたが、なぜ自分がしている事を逐一報告しなければいけないのだ??という考えを持っていました。なので、自分からUPするという事を極端に嫌っており、自分のページは真っ白なのであります。
毎回お知らせが何十件、断ってもお誘いがくる。(仕事がら)
これ、恐怖以外の何物でもありませんでした。
 
そのため、ありもしないプレッシャーやストレスにダメージをくらいまくる生活。携帯を開くのが嫌になり、なるべく見ないようなり…。
放っておけばいいのですが、それが出来なかったのです。
 
「他人がどこで何をしようが、誰も気にしていない」
 
頭ではわかっているのですが、気持ちは思うようにいかず。
立場を置き換えてみれば、誰が何を書き込もうが全く気にしていない、それを自分に当てはめればいいだけなのですが。上手くいかないもんですね。
自意識過剰だという事は、十二分に承知しています。
周りの目を極端に意識してしまう性格。これは育った環境も含まれていると思います。
 
その体質をなんとかしたいと思い、
ブログを書きはじめました。
 
少しずつ自分を出すことに慣れていければ。
そう思っています。
 
根が堅物のため、面白い記事を書くのは難しいでしょうが、
書きたいものを書けるように殻を破っていくぞ!
これが当面の目標です。
 
そこで考えたのが、
「まだまだイケる!」
今回はザリガニ編と題してお送りしたいと思います!

f:id:DONKIHOTE:20160221155516j:plain

 
 
 
なんか話が飛んでいるような…?
いーんです。こうやって自分を少しづつ受け止めていけば!
きっと一年後には。とプラス思考で。
 
幼いころは何も気にならなかった
(怖いもの知らずだった)事って、ありませんか?
 
土いじりに手袋をするようになったのはいつからでしょう?
ミミズが触れなくなったのはいつからでしょう?
いやだわ、はじめからミミズなんて触れないわ!あんな目も足もない、気色悪いものなんて!
同感です!
わたしもはじめから触れません!(笑)
 
という(?)子どものころは出来たのに、いつの間にか出来なくなっていたことに再チャレンジしていきたいと思います。
 
今回は「ザリガニ」。
 
久しく持ったことないわなあ。
あの素早さに付いていけないし、威嚇されるとひるんでしまう…
一体いつからこんな軟弱になったのか。年を取って臆病になりました。
 
ちなみに、
どこでも裸足、半そでの保育園でわんぱく放題に育ちました。
そのため、あらゆるものは手でつかむという習慣を持っていたようです。
 
トンボ、カブトムシ、カマキリ、かえる、おたまじゃくし、鳩(?)、ヤギ(!?)、などなど手で捕まえられないものの方が少なかったとか。
 
ハンミョウを手でつかみ、咬みつかれて泣いたことも。覚えてないんだがな…。
(わんぱくだった方は身に覚えがあるのでは!?) 
 
最近ザリガニ見ないなあ、なんて事、群馬ではありません。
家の近くには、ザリガニがたくさんいる公園があります。

f:id:DONKIHOTE:20160221150105j:plain

夏になると子供たちがわんさか捕まえて持って帰るようですが、全く減る様子はありません。どうやって増えているのでしょうか…?全くもって謎です。
 
池の中をのぞくと、 
f:id:DONKIHOTE:20160221145959j:image
いた!!早くもザリガニ発見!
後ろからそろーっと手を入れて、
 
f:id:DONKIHOTE:20160221150026j:image
持ってみた。
 
…あれ?普通に持てた(笑)
 
 
f:id:DONKIHOTE:20160221150030j:image
…全く動かないよ?
 
当たり前の事ですが、水温が下がるとザリガニの動きは鈍くなり、5℃以下で冬眠するそうです。
え!!それじゃあ、冬のザリガニは威嚇すらしてこないのね。
 
これってイケた事になるのかな…?フェアじゃない気がする…。
動かないザリガニは持ったことにならないので、再チャレンジ、かな?
リリースして終了。
ぽちゃんと水中に落ちたザリガニは、仰向けのままゆらゆら流れに身を任せていました。
なんか…ごめんよ。
 
f:id:DONKIHOTE:20160221150119j:image
ザリガニを持ちたいという方。
浜川運動公園にはたくさんのザリガニがいます。
遊びに行ってみてね。
寒い間は罪悪感を覚えるので、温かくなってからがおすすめです。
 
浜川運動公園
群馬県高崎市浜川町1487