読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ながら「ふむふむ」

行ってふむふむ。聞いてふむふむ。なワールドを探っちゃう。相棒はNikonD5500。

花と緑のぐんまづくり2016 みどり市で「ふるさとキラキラフェスティバル」開催中

おでかけ イベント 写真
 

みどり市では、4月15日(金)~5月15日(日)まで「花と緑のぐんまづくり 2016 in みどり ふるさとキラキラフェスティバル」が開かれています。

f:id:DONKIHOTE:20160507142201j:image 

タイトルはやたらと長いですが、要は街中をお花でいっぱいにしようというイベントです。

平成20年に、第25回全国都市緑化ぐんまフェアとしてはじまり、毎年県内でリレー形式で開催されています。

第25回全国都市緑化ぐんまフェア | 高崎市

hanatomidori.net

 

今年は、メーン会場に「ながめ公園」「大間々町市街地」。

サテライト会場に「岩宿の里」「富弘美術館」。

ふれあい処として「小平の里」「浅原体験村」「鹿田山」「ひな牡丹園」で開かれています。

f:id:DONKIHOTE:20160507122346j:plain

このパンフレットやスタンプラリー用紙は、みどり市のイベント会場などで配られています。どこへ行っても手渡されましたが、内容が詰め込み過ぎで見づらいかな?なんて気もしました。

イベントはGWに集中していますが、新緑の時期のお出かけにも良いですね。

f:id:DONKIHOTE:20160507142303j:image 

キラキラフェスに合わせて、5月1日「ながめ余興場」でキモノジャックが開催されたので出かけてきました。

f:id:DONKIHOTE:20160507143152j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507143426j:image

ながめ余興場は、ながめ公園の一角にあります。昭和12年に建てられた木造2階建ての劇場です。

f:id:DONKIHOTE:20160507142436j:image

毎年10月下旬から11月には関東菊花大会が開かれ、人気となっています。

 

ながめ余興場

f:id:DONKIHOTE:20160507142450j:image

住所:群馬県みどり市大間々町大間々1635

見学時間:9:00~16:00(最終入園は15:30)

※余興場で催し物があるときは見学ができませんので、事前にお問い合わせください。

休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

見学料:一般300円、小・中学生200円、小学生未満無料

 

施設内容

観客収容人数 650人(1、2階席)
廻り舞台(直径 約6.3m)付き舞台、花道
楽屋(座長楽屋1箇所、楽屋4箇所、大部屋楽屋1箇所)

 

見取図

1F 2F

 ながめ公園│みどり市観光ガイド

ながめ余興場。行ったことがなかったので、楽しみでした。

レトロな雰囲気の館内には、舞台から伸びる花道やお客さんが座る淺敷席、2階席もあります。

この雰囲気、たまらなく魅力的です。もうファンになりそう。落語もやっているようなので、(チケットが取れたら)見に行きたいです。

中に入ってみると、その日の最終演目、吹奏楽団が演奏している最中でした。「夏まつり」など懐かしい曲が聴けて満足。

 

f:id:DONKIHOTE:20160507142648j:image

公園内からの眺めは、高津戸橋の赤が新緑の緑に映えてとてもきれいです。

f:id:DONKIHOTE:20160507142941j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507142742j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507142801j:image

園内はどこを歩いてもお花が咲いていて、とても気持ちが良かったです。

f:id:DONKIHOTE:20160507142824j:image

菊人形「花咲かじいさん」。愛嬌たっぷりです。

f:id:DONKIHOTE:20160507142858j:image

くまどり花壇は色とりどりのペニュニア。

f:id:DONKIHOTE:20160507143051j:image

ネモフィラもありました。

donkihote.hatenablog.com

f:id:DONKIHOTE:20160508235441j:imagef:id:DONKIHOTE:20160508234901j:image

キモノでジャックだー!

今回も皆さんとても素敵でした。勉強になります。

キモノでジャックin上州

 

ジャックの後は、岩宿の里へ。

f:id:DONKIHOTE:20160507143659j:image

岩宿博物館

住所:群馬県みどり市笠懸町阿左美1790‐1

アクセス:北関東自動車道太田I.C.から約25分

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(祝日と重なる場合は翌日)および12月28日~1月4日

料金:一般300円、高校生200円、小・中学生50円

無料開館日:5月18日(国際博物館の日)、10月28日(群馬県民の日)

f:id:DONKIHOTE:20160507143733j:image

原人花壇を発見。色とりどりのペチュニアです。これは人間になっていく過程が花で表現されていたのですね。後で気付きました。

f:id:DONKIHOTE:20160507143804j:image

ぐんまちゃんのふわふわドームがありましたが、16時までだったので丁度空気が抜かれている所です。首がなくなっていきます(笑)

f:id:DONKIHOTE:20160507143837j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507143819j:image

この日はとても暑かったので、水に入って遊んでいる子がいました。いいなあ、一緒に入りたいです。

着物が汗だくだったので、これからの時期はもう少し涼しく着られる工夫をしたいです。

f:id:DONKIHOTE:20160507143853j:image

鹿の川沼では釣り人がたくさんいました。何が釣れるのかな??

岩宿の里(博物館周辺のご案内) │みどり市 岩宿博物館

 

次は「ひな牡丹園へ。

f:id:DONKIHOTE:20160507144917j:image

こちらは、みどり市笠懸町久宮の橋場博史さん個人のお宅です。

ひな牡丹園

県道桐生伊勢崎線沿いの「ベイシア電気」西側。

会園時間:9:00~17:00

入場料:無料

 

車で向かっている途中に、のぼりを見つけて入りました。3年前から庭を開放し、現在では約100種3500株が植えられているそうです。

f:id:DONKIHOTE:20160507145109j:image

養蚕を行っていた古民家と牡丹のショットが楽しめます。

f:id:DONKIHOTE:20160507145145j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507145003j:image

見頃は4月の第4土・日曜日頃。行ったのがちょっと遅かったのですが、まだまだ楽しめましたよ。

f:id:DONKIHOTE:20160507145017j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507145051j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507144936j:image

古民家の中にも入れます。

f:id:DONKIHOTE:20160507145221j:imagef:id:DONKIHOTE:20160507145231j:image 

出迎え見送りをしてくださいました。見頃を過ぎていたので、「ごめんなさいね、また来年お待ちしています」との言葉をもらいました。とっても親切です。

kiryutimes.co.jp

 

その他大慶寺の牡丹園はこちら。

donkihote.hatenablog.com

 

 

お花がいっぱいの町は散策するのも楽しいですね。

最後に、れすとらんあすかに寄って「白雪姫」を食べてきました。

f:id:DONKIHOTE:20160507143950j:image 

れすとらんあすか

住所:群馬県みどり市笠掛町鹿2423‐15

f:id:DONKIHOTE:20160507144013j:image

この白雪姫は、冷たいトマトのデザートです。

かき氷にもトマトのシロップがかけてあり、とっても甘いです。中には皮をむいたトマトが丸ごと一個。かき氷と一緒に食べるととても合います。暑い中歩いたから、体に染みわたるなあ。また食べたくなる味ですね。

昔一度食べさせてもらった事があって、近くを通ったらまた寄りたいなあと思っていました。一個600円と、良いお値段ですがボリュームがあるので満足です。

懐石料理や定食も上品でお値段も結構しますが、美味しいです。

もしもツアーズが来たみたいですよ。店内に写真が貼ってありました。

 

f:id:DONKIHOTE:20160507144057j:image

花いっぱいのみどり市散策でしたが、まだまだ見所がたくさんありそうです。