寝ながら「ふむふむ」

行ってふむふむ。聞いてふむふむ。なワールドを探っちゃう。相棒はNikonD5500。

秩父江戸巡礼古道の旅〜4日目〜

札所二十六番・二十七番・札所三十番まで。

 

3月25日(金)はれ。最高気温11℃、最低気温‐2℃

f:id:DONKIHOTE:20160331173541j:image

この日はとても良い天気。ただ寒かったのでヒートテック+セーター+ダウンという真冬の格好で。歩いてあたたかくなって来たら、脱いでいくという「北風と太陽」形式でいくことに。

この辺りから徐々に札所と札所の間隔が開き、山あり谷ありの道になっていく。

 

そろそろ疲れが出てきたのか、朝の電車では爆睡。気付いたら口を開けて寝ていた(恥ずかしい)。この日は秩父路周遊フリー切符を購入。日程的には3日目に使う方がお得。

f:id:DONKIHOTE:20160401230758j:image

 

8:55 影森駅出発。

f:id:DONKIHOTE:20160331174248j:image

工事中の影森駅を出て、昨日巡れなかった札所二十六番を目指す。路地裏のような道を歩いていく。

f:id:DONKIHOTE:20160331174319j:image

9:05 札所二十六番万松山(ばんしょうざん)円融寺(えんゆうじ)

f:id:DONKIHOTE:20160331174349j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331175045j:image

お寺の水鉢には氷が張っていた。冷え込んだからなあ。

f:id:DONKIHOTE:20160331174412j:image

お参りに来ていたご夫婦とあいさつ。観音堂へは行ったかと聞かれ、これから行く予定だと話す。ご夫婦は行かないようで、頑張れと激励を受ける。

f:id:DONKIHOTE:20160331174517j:image

札所二十六番の観音堂は「奥の院岩井堂」と呼ばれ、三百数段のきつい登りの石段を上がった所にある。石段か、よ、よし…がんばる。

f:id:DONKIHOTE:20160331174551j:image

山沿いに向かうと、昭和電工に突き当たった。あれ?この先はどうなってるんだろう?

立ち止まってマップを見ていると、中から関係者のおじさんが出て来て道を教えてくれた。どうやら工場内を突っ切るらしい。面白いな。

おじさん曰く「観音堂についたらそのまま尾根を行くと二十七番に出られるよ」とのこと。重ね重ねありがたい情報だー。お礼を言って、そのまま突き進むと鳥居を発見。

f:id:DONKIHOTE:20160331174622j:image

その脇に山道があったので、そこを歩いていく。

f:id:DONKIHOTE:20160331174656j:image

ただ、途中からは石段を登る、ひたすら登る。

f:id:DONKIHOTE:20160331174724j:image

 

9:40 奥の院岩井堂着

f:id:DONKIHOTE:20160331174744j:image

観音堂に着いたときには汗だくだった。上着を脱いでお参り。いやいや、達成感あるなあ。

f:id:DONKIHOTE:20160331174814j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331174831j:image

そのまま尾根沿いに進む。琴平ハイキングコースと書いてあったけれど、ハイキングにしてはすごい道だった。そして人もおらず。

f:id:DONKIHOTE:20160331174908j:image

高低差はあまりないけど、ロープもある山道。ちょっと昭和電工のおじさんを恨みそうになったけど(え?)トレラン並みに駆け足で下り、札所二十七番の裏に出る。カタクリ群生地と書いてあったがまた今度にしよう。

 

10:10 札所二十七番龍河山(りゅうがさん)大淵寺(だいえんじ)

 f:id:DONKIHOTE:20160331175419j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331175447j:image

御朱印を書いてくれた女性が飴をくれた。わーい、嬉しい。早速パクリ。なにこれ!?あまおうの飴めっちゃ美味しい!どこかで見つけたら絶対買う!

f:id:DONKIHOTE:20160331175724j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331175523j:image

観音さまは優しいお顔です。

札所二十八番、二十九番は昨日巡ったので札所三十番を目指すことに。もう八割の札所を巡った訳だが、難関はいつも最後に待ち受けているものです。(予告)

橋を渡ると浦山ダムが見えたが、残念ながらダム萌えではないのでそのまま進む。

f:id:DONKIHOTE:20160331181056j:image 

道沿いに樹齢八百年の枝垂れ桜がある清雲寺を見つける。もちろん寄り道。

f:id:DONKIHOTE:20160331181554j:plainf:id:DONKIHOTE:20160331181616j:image

つぼみがピンク色にはなっているけどまだ咲いておらず。満開になったら圧巻の光景が見られるだろうなあ。4月1日の時点で見頃を迎えている様子。

www.chichibu-enavi.jp

武州中川駅武州日野駅を通り超しててくてく歩く。

f:id:DONKIHOTE:20160331182323j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331182345j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331182438j:image

道路脇はレンギョウや山茱萸水仙など黄色い花がいっぱい。

f:id:DONKIHOTE:20160331182558j:imagef:id:DONKIHOTE:20160331182657j:image

 

12:55 札所三十番瑞龍山(ずいりゅうざん)法雲寺(ほううんじ)

f:id:DONKIHOTE:20160401190447j:plainf:id:DONKIHOTE:20160402220301j:image

札所二十九番から約七㎞、約二時間の道のり。白久駅から村道を南に入った所にあるお寺。やっと到着。

ずっと舗装道路だったので面白味には若干欠けるけど、最後の登り坂はなかなか大変だった。途中からは人とほとんど会わないので、秘境のよう。

 f:id:DONKIHOTE:20160401200522j:image

静かなお寺の駐車場でお昼休憩。風が、さ、寒い。フードも被って暖を取っているとお参りにきた方がいてほっとする。

 

14:10 三峰口駅

 f:id:DONKIHOTE:20160401200552j:image

白川橋を渡り、ここから町分コースと本コース(一部危険有)に分かれる。

一般に使われる町分コースをいく事にしたが、毎度おなじみ途中で迷う。あれー?おかしいな?と行きつ戻りつ。今いる場所がわからなくなり、途方に暮れるが(笑)とりあえず進む。

f:id:DONKIHOTE:20160401200630j:image

標識を見付けてほっとしながらそちらに進むと沢越えが待っていた。

 f:id:DONKIHOTE:20160401200740j:image

え?ここ降りるの?という坂。こ、怖い!

f:id:DONKIHOTE:20160401200809j:image

え?ここ渡るの?という沢。つ、冷たい!(案の定)

f:id:DONKIHOTE:20160401200832j:image

この道は、先生がかなり支えとなってくれた。本当にありがたい。増水時には渡れないという道をなんとか乗り越える。

f:id:DONKIHOTE:20160401203518j:imagef:id:DONKIHOTE:20160401200903j:image

 

15:50 道の駅両神温泉薬師の湯に到着。

f:id:DONKIHOTE:20160401200926j:image

ここまでの総距離は21㎞、時間的にも距離的にもここで打ち切りにしたい欲求がマックス。温泉あるし、ここでゆっくりしてもう明日にしたいよね。

ベンチに座って休みながら考える。この先まだ峠が残っているのだ。どうしよう?

f:id:DONKIHOTE:20160401200946j:image

ぽっぽー。

ええい!いったん決めた事だ、行くぞ!と再度歩き出す。

f:id:DONKIHOTE:20160401201013j:imagef:id:DONKIHOTE:20160401201042j:image

段々日が暮れはじめ、舗装道路だが山の中は寂しい限り。バスの最終は17:05。それに間に合うように必死で歩く。膝が痛むので下りはちょっと引きずり気味。

 

16:45 バス停「栗尾」到着

f:id:DONKIHOTE:20160401201107j:image

間に合った!やった、やったよー!この時の喜びといったら…(間に合わなかったら小鹿野町役場まで戻るかと考えていた)

バス停脇にあるベンチは腐っていたので、丸太に座って安堵。しばし放心。札所三十一番は明日このバス停からスタートになる。

f:id:DONKIHOTE:20160401203825j:image

バスに乗るのでやって来た近くの女性としばらくおしゃべり。全て歩いて巡っている事を話すと「辺鄙なところでごめんなさいね」と言われた。

そうですね、今は否定出来ませんがそんなことありませんよ。

f:id:DONKIHOTE:20160401201226j:image

お友達が群馬に住んでいるそうで、白衣観音がある慈眼寺にも行ったことがあるらしい。埼玉で地元話が出来るとは思わなかった。

 

やって来たバスで秩父駅まで行き、秩父吉田線に乗り換えて大田バス停まで。この日は皆野駅から徒歩約十分の所にある「梵の湯」へ行く。

秩父川端温泉「梵の湯」へはバス停下車徒歩一分くらい。

f:id:DONKIHOTE:20160401201656j:image

www.bon-chichibu.jp

 

梵の湯は重曹泉なのでぬるぬるしたお湯。美肌の湯と聞いていたので入ってみたかったのだ。疲れていたせいかのぼせてしまったが、とっても良いお湯でした。

食堂が八時半までで、行ったら丁度閉まったところ。残念。わらじかつ丼が食べたかった。皆野駅からの時間もあったので、そのまま帰路へ。

 

今日は良く歩いたなあ。とても長い一日だった。このまま明日には結願したい。電車に揺られながら固く誓うのであった。

 

総歩行距離:25㎞ (24,960歩)

使用金額:5,890円

(御朱印300円・御影200円×3=1,500円、お賽銭30円、交通費3,690円、温泉670円【平日19:00以降100円引】)

 

4日目のルート

www.mapion.co.jp

 

使用したマップはこちら。

navi.city.chichibu.lg.jp

 

バス料金。

小鹿野町交通案内

 

御影(札所二十六番、二十七番、三十番まで)

f:id:DONKIHOTE:20160401231459j:imagef:id:DONKIHOTE:20160401231534j:imagef:id:DONKIHOTE:20160401203130j:image